よくあるご質問

道後温泉 トップページ > よくあるご質問

道後温泉本館

道後温泉本館は、工事中ですか。入浴できないのですか。

道後温泉本館は、現在も元気に営業中です。
道後温泉本館の工事は、平成29年秋に開催されるえひめ国体終了後の適切な時期に実施することを予定しています。
また、営業しながらの工事を行い、入浴できなくなることはありません。

道後温泉本館とは、どんな施設ですか。

施設の概要 伝説と神話と歴史を誇る日本最古の温泉と言われ、全国的にも有名な道後温泉のシンボル、道後温泉本館は、明治27年に建てられた木造三層楼(さんそうろう)の建物です。「神の湯」と「(たま)の湯」の二つの浴場と、大広間や個室の休憩室、明治32年に建てられた皇室専用の又新殿からできています。平成6年には建築物としての素晴らしさと保存状態の良さから、国の重要文化財に指定された、多くの偉人・文人墨客(ぶんじんぼっかく)が来湯している温泉です。
また、本館の屋上にある赤いギヤマン窓の振鷺閣(しんろかく)では、午前6時に6回、正午に12回、午後6時に6回太鼓を鳴らします。この「(とき)太鼓」は、「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。

温泉の温度・泉質 温度は、季節などにより多少上下いたしますが、約42度です。
泉質はアルカリ単純温泉で、疲労回復・神経痛・関節痛・筋肉痛などに効能があります。

利用時間・料金など 霊の湯3階個室、霊の湯2階席、神の湯2階席、神の湯階下の入浴コースと又新殿観覧のコースがあります。
詳しくはこちら

休館日 12月に大掃除のために1日臨時休館いたしますが、それ以外は営業しております。
日程につきましては、決定次第ホームページ等でお知らせします。

駐車場 市営駐車場を2箇所設けています。
道後温泉駐車場・道後温泉祝谷東町駐車場をご利用ください。
詳しくはこちら

道後温泉本館では、宿泊はできますか。

道後温泉本館は、日帰り温泉(公衆浴場)のため宿泊はできません。
道後温泉本館周辺で、ご宿泊を希望される方は、道後温泉旅館協同組合(外部サイト)に、お問合せください。

道後温泉本館の休憩室は予約ができますか。

休憩室の予約は、神の湯2階席の団体(20名以上)のお客様のみ承っております。
なお、ゴールデンウィーク、お盆、正月等の繁忙期は団体の予約も承っておりません。

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)とは、どんな施設ですか。

道後温泉本館と同じ、全国でも珍しい、加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」。コンセプトは、聖徳太子の来浴や斉明天皇(さいめいてんのう)の行幸などの物語や伝説がある、日本最古といわれる温泉にふさわしい飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋です。
屋根の上には、道後温泉のシンボルである塔屋を配置し、中庭には、聖徳太子が道後温泉に来浴された際、残したとされる「湯岡の碑文」に、「神の温泉を囲んで、椿が互いに枝を交えてしげりあい、椿の実は花びらを覆って温泉に垂れている」と描かれており、松山市の市花の「椿の森」をイメージし、椿が生い茂っている当時の様子を再現します。
館内は、開放的な大浴場と、本館には無い露天風呂と皇室専用の又新殿(ゆうしんでん)を再現した特別浴室を設え、湯帳(ゆちょう)を着ての入浴体験もできます。さらに、約60畳の休憩室、個室5室を設え、道後温泉ならではの「おもてなし」の給茶サービスをします。
基本構想の策定は、日本を代表する建築家のトップランナーで、東京大学名誉教授の内藤廣先生です。明治時代の近代和風建築の代表である道後温泉本館と対比させ、二つの時代のお風呂が楽しめる話題性に富んだ道後温泉として、国の内外へPRをしていきます。
特徴的な外観に加え、内部空間にもこだわります。「太古の道後」をコンセプトに、道後温泉にまつわる伝説や物語などをテーマに、「愛媛県の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品を使った、装飾や展示を行う、インパクトある取り組みです。

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)は、いつ完成予定ですか。

現在整備を進めており、平成29年(2017)秋に開催される「えひめ国体」までの完成を目指しています。
建設状況などは、随時、ホームページ等で情報発信を行っていきます。完成までお待ちください。

道後温泉 椿の湯

道後温泉 椿の湯とは、どんな施設ですか。

施設の概要 昭和59年に建てられた鉄筋コンクリート造2階建の近代的な建物で、銭湯感覚で入浴していただく施設です。

温泉の温度・泉質 温度は、季節などにより多少上下いたしますが、約42度です。
泉質はアルカリ単純温泉で、疲労回復・神経痛・関節痛・筋肉痛などに効能があります。

利用時間 午前6時30分から午後11時(午後10時30分札止め) 60分以内の利用

休館日 12月に大掃除のため1日臨時休館いたしますが、それ以外は営業しています。
日程につきましては、決定次第ホームページ等でお知らせします。

料金 大人400円 小人(2歳以上~12歳未満)150円
詳しくはこちら

フェイスタオル等 貸タオル(石けん付)60円、シャンプー・リンス各50円、カミソリ30円
持ち込みでも結構です。

駐車場 道後温泉本館同様、市営駐車場を2箇所設けています。
道後温泉駐車場・道後温泉祝谷東町駐車場をご利用ください。
詳しくはこちら

所在地等 松山市道後湯之町19番22号
電話089-935-6586

アクセス

主な駅等からどのくらいですか。

松山空港から約11キロで、リムジンバスなら、道後温泉駅前まで約40分です。
JR松山駅から約5キロで、市内電車なら、道後温泉駅まで約20分、路線バスで道後温泉(バス停)まで約25分です。
松山観光港から約11キロで、リムジンバスなら、道後温泉駅前まで約45分です。
三津浜港から約9キロで、路線バスで松山市駅まで約35分、さらに市内電車に乗り換えて道後温泉駅まで約15分です。なお、松山市駅で路線バスへの乗り換え便もあります。
道後温泉駅から道後温泉本館まで、徒歩約3~5分です。

松山へのアクセス
主な駅等からの道後温泉本館までの主要な公共交通機関
主な駅等から道後温泉本館までの略図(PDF:112KB)

道後温泉周辺に市営駐車場はありますか。

市営駐車場を2箇所設けています。

道後温泉駐車場 場所 : 冠山(本館南にある小高い丘)
駐車台数 : 100台
営業時間 : 午前5時30分から午後11時30分
料金 : 30分100円 / 泊まり(午後8時30分から午前8時30分)720円

【注意事項】
*道後温泉本館・道後温泉 椿の湯を利用されるお客さまは、本館・椿の湯それぞれに設置している認証機に駐車券を通してください。最初の1時間は無料となります。
*祝谷東町駐車場は最初の1時間は無料です。(認証不要)
*身障者用駐車場は、道後温泉本館東側の広場に2台分あります。
*バス及びトラックなどはご利用できませんので、近隣の民間駐車場をご利用ください。
*自転車、原付バイク及び自動二輪車などは、道後温泉本館東側広場の駐輪場をご利用ください。

道後温泉祝谷東町駐車場 場所 : 祝谷東町(道後温泉駐車場入口より約400m先)
駐車台数 : 43台
営業時間 : 24時間営業
料金 : 30分100円

その他

休館日について教えてください。

毎年12月に大掃除のため、1日臨時休館いたしますが、それ以外の日は営業しています。
日程については、決定次第松山市(道後温泉事務所)ホームページなどでお知らせします。

飲食はできますか。

道後温泉本館・道後温泉 椿の湯ともに、飲食の施設はありません。
持ち込みでの飲食はご遠慮ください。
本館1階では自動販売機で牛乳など、霊の湯三階個室、霊の湯二階席、神の湯二階席の各売店では、牛乳120円・乳飲料(コーヒー、フルーツ)各120円・サイダー100円・みかんジュース130円・コーラ100円・乳酸菌飲料50円・スポーツドリンク120円などを販売しています。
道後温泉 椿の湯椿の湯には、各種飲料の自動販売機がございます。アルコール類の取扱いはしていません。

備え付けのシャンプー・リンス・石けん・タオルはありますか。

シャンプー・リンス 霊の湯の浴室には、シャンプー・リンスを備え付けています。
神の湯の浴室には、備え付けはありません。
1階の通路にある自動販売機(シャンプー&リンス80円)をご利用になるか、神の湯階下ご利用の方は改札で、神の湯二階席ご利用の方は休憩室で職員にお申し付けください。
シャンプー・リンスとも、各50円で販売しています。

石けん 霊の湯の浴室には、備え付けています。
神の湯の浴室には、備え付けはありません。
1階の通路にある自動販売機をご利用になるか、神の湯階下ご利用の方は改札で、神の湯二階席ご利用の方は休憩室で職員にお申し付けください。
みかん石けん(小)を40円で販売しています。

タオル 霊の湯三階個室、霊の湯二階席の入浴コースには貸タオルがセットになっています。
神の湯二階席、神の湯階下の入浴コースにはありません。
神の湯階下ご利用の方は改札で、神の湯二階席ご利用の方は休憩室で職員にお申し付けください。
貸タオルは30円(タオルのみ)か60円(みかん石けん(小)付)でお貸ししています。
記念タオル(みかん石けん(小)付)は220円で販売しています。

バスタオル 全ての入浴コースに備え付けはありません。
神の湯階下ご利用の方は改札で、霊の湯三階個室、霊の湯二階席、神の湯二階席ご利用の方は休憩室で職員にお申し付けください。
貸バスタオルは200円でお貸ししています。
オリジナルバスタオル(赤色)を各1000円で販売しています。

椿の湯 シャンプー・リンス、石けん等の全て、備え付けがありません。

※各施設タオル、石けん等の持ち込みは可能です。

ドライヤーやアンマ器はありますか。

道後温泉本館及び道後温泉 椿の湯ともに、ドライヤーは3分10円(霊の湯三階個室、霊の湯二階席は無料)、アンマ器は3分20円でご利用いただけます。
アンマ器ついては、10分100円の機種もございますが、本館では神の湯男子の脱衣所、椿の湯ではロビーに1台ずつ設置しております。

荷物を保管するロッカーはありますか。

本館では、各脱衣所に、無料(鍵付)ロッカーを、また有料(100円)のコインロッカーを中央廊下等、館内数ヵ所に設置しています。
椿の湯では、各脱衣所に、有料(10円)のロッカーを、また有料(100円)のコインロッカーを館内に設置しています。
なお、ロッカーへの収容品について、当館では賠償責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

バリアフリーの状況は。

バリアフリーの状況については下記資料をご覧ください。
バリアフリーの状況(PDF:330KB)

外湯紹介