道後温泉 椿の湯

道後温泉 トップページ > 外湯紹介 > 道後温泉 椿の湯

浴室・湯釜

道後温泉 椿の湯は、椿をシンボルとした松山市民の「親しみの湯」で、多くの皆さまに愛され、今でも生活には欠かすことのできない公衆浴場です。
道後温泉 椿の湯は、昭和28年(1953)、「第8回国体」が四国各県で開催されたときに建設しました。その後、昭和59年(1984)に改築され現在に至っています。
道後温泉 椿の湯は、道後商店街の中央に位置し、蔵屋敷風の落ち着いた佇まいで、浴室には花崗岩が使われ、道後温泉特有の湯釜も置かれています。また、建物全体がL型で、特徴的な外観が目を引きます。温泉は、道後温泉本館と同じく無加温・無加水の「源泉かけ流し」の湯です。

*

利用料金

区分 大人
(12歳以上)
小人
(2〜12歳)
営業時間 利用時間
椿の湯 400円 150円 6:30〜23:00
(札止 22:30)
1時間以内
高齢者の料金(松山市在住者に限る)
(神の湯階下のみ)
※高齢者は、松山市内に、住民登録のある65歳以上の方です。
 (運転免許証・高齢者手帳・健康保険証など、生年月日と住所が確認できる公的機関が発行した証明書をご提示ください。)
65歳以上 200円 / 85歳以上 無料
身体障がい者等の料金(松山市在住者に限る)
(神の湯階下のみ)
※身体障がい者等は、松山市内に、住民登録のある身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方です。
 (身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。)
200円

外湯紹介