道後温泉本館

道後温泉本館は、日本最古といわれる道後温泉のシンボルで、「神の湯」に代表される温泉施設です。
道後温泉本館の一番の魅力は、日本の公衆浴場として初めて、平成6年(1994)に国の重要文化財に指定されながら、博物館化せずに現役の公衆浴場として営業を続けているところです。平成21年に発行されたミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは、最高位の三つ星を獲得しています。
現在の神の湯本館は、道後湯之町初代町長の伊佐庭如矢(いさにわゆきや)が、100年後の道後の繁栄を見据え、幾多の苦難を乗り越えて、明治27年(1894)に改築された木造3階建てで、その後、明治32年(1899)の又新殿(ゆうしんでん)の建築、大正13年(1924)の養生湯の改築、昭和10年(1935)の改造等を経て、今日の姿となっています。建物設計は、松山城の城大工棟梁の家系である坂本又八郎で、大屋根の中央にギヤマンを使用した塔屋(振鷺閣(しんろかく))を載せ、その上には道後温泉ゆかりの白鷺が据えられ、西洋の技法を取り入れたトラス構造を用いた壮麗な三層楼の本館となっています。
道後温泉本館には、「霊の湯」と「神の湯」の2つの浴室があり、「霊の湯 三階個室」「霊の湯 二階席」「神の湯 二階席」「神の湯 階下」4つの入浴コースをご用意しています。コースを決めたら、玄関口にある札場で入浴券を購入し、本館の中へお進みください。また、日本で唯一の皇室専用の浴室「又新殿」や小説「坊っちゃん」を書いた文豪・夏目漱石も使ったという「坊っちゃんの間」の見学もできます。

*
霊の湯 三階個室

(たま)の湯 三階個室

<6~22時 札止20時40分>

大人1550円 小人770円(利用時間1時間20分)
セット内容:霊の湯、神の湯、貸浴衣、貸タオル、お茶、坊っちゃん団子、又新殿観覧

霊の湯・神の湯の2つの浴室への入浴に個室の休憩室がついたコースです。改札口をとおり、まずは3階の休憩室へ。3階の部屋は、かつて「上等」と呼ばれ、小説「坊っちゃん」の一節にも「俺はいつでも上等へ入った」と出てきます。お風呂上りに個室でゆっくりとくつろげる人気のコースです。

霊の湯 二階席

<6~22時 札止21時>

大人1250円 小人620円(利用時間1時間)
セット内容:霊の湯、神の湯、貸浴衣、貸タオル、お茶、おせんべい、又新殿観覧

霊の湯・神の湯の2つの浴室への入浴に、広間の休憩室がついたコースです。改札口をとおり、2階の赤い敷物に沿って奥にある休憩室へ。大正時代に建てられた棟にある休憩室は、白鷺(しらさぎ)をモチーフにしたランプが吊り下げられ、歴史ある建物の中にモダンな雰囲気を感じることができます。

霊の湯 二階席
神の湯 二階席

神の湯 二階席

<6~22時 札止21時>

大人840円 小人420円(利用時間1時間)
セット内容:神の湯、貸浴衣、お茶、おせんべい

神の湯の入浴に、55畳の大広間での休憩がついたコースです。改札口をとおり、2階の青い敷物に沿ってすぐの大広間へ。雑誌などでもよく取り上げられる大広間は開放感があり、6月から9月の間は障子を外してすだれが掛けられ、さらに開放的な気分を味わうことができます。最大80人程度が利用できるため、団体の方もご利用いただきやすいコースです。

神の湯 階下

<6~23時 札止22時30分>

大人410円 小人160円(利用時間1時間)
セット内容:神の湯

神の湯の入浴のみのコースです。改札口をとおり、1階すぐにある男女それぞれの脱衣室へ。昔から地元の方に愛されている道後温泉本館は、毎日のようにお風呂に入りに来られるお客様もいらっしゃいます。銭湯感覚でお風呂だけ楽しみたいという方はこちらのコースがおすすめです。

神の湯 階下
又新殿

又新殿

<6~21時30分 札止21時>

大人260円 小人130円

明治32年(1899)に建てられた又新殿は、日本で唯一の皇室専用浴室です。桃山時代の様式を模して造られた建物は、絢爛・豪華、そして優美さを誇る造りとなっています。木材、石材とも上質な材料を使用し、金箔や襖絵に目を奪われますが、障子の組子に変化を持たせたり、天井の張り方を市松模様にするなど、細かく丁寧な仕事は職人の自負を感じることができます。

坊っちゃんの間

道後温泉本館竣工後の明治28年(1895)に松山に赴任した夏目漱石がその年の10月、正岡子規(まさおかしき)と利用したといわれる個室(本館三階個室の北西の角部屋)で、昭和41年(1966)に、夏目漱石の娘婿である文人・松岡譲氏により「坊っちゃんの間」と命名されました。来館者に無料公開されていますので、文豪・夏目漱石が通った頃の面影を今でも味わうことができます。

坊っちゃんの間
神の湯

神の湯

石造りの浴室に砥部焼の陶板画が飾られ、大きな円柱形の「湯釜」と呼ばれる湯口が鎮座する浴槽は、道後温泉本館の独特な雰囲気を作り出しています。浴室は男湯2室、女湯1室で、女湯の浴槽中央には道後温泉の伝説に登場する大国主命と少彦名命の像が立っています。

霊の湯

神の湯に比べこじんまりとしていますが、花崗岩(かこうがん)の中でも最高級といわれる庵治石(あじいし)や大島石を使った浴室に、壁面には大理石を使用するなど、高級感があふれる浴室になっています。

霊の湯

利用料金

区分 大人
(12歳以上)
小人
(2〜12歳)
営業時間 利用時間
霊の湯 3階個室 1,550円 770円 6:00〜22:00
(札止 20:40)
1時間20分以内
2階席 1,250円 620円 6:00〜22:00
(札止 21:00)
1時間以内
神の湯 2階席 840円 420円 6:00〜22:00
(札止 21:00)
1時間以内
階下 410円 160円 6:00〜23:00
(札止 22:30)
1時間以内
又新殿観覧 260円 130円(6歳〜) 6:00〜21:30
(札止 21:00)
案内時間内
(15分程度)
高齢者の料金(松山市在住者に限る)
(神の湯階下のみ)
※高齢者は、松山市内に、住民登録のある65歳以上の方です。
 (運転免許証・高齢者手帳・健康保険証など、生年月日と住所が確認できる公的機関が発行した証明書をご提示ください。)
65歳以上 200円 / 85歳以上 無料
身体障がい者等の料金(松山市在住者に限る)
(神の湯階下のみ)
※身体障がい者等は、松山市内に、住民登録のある身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方です。
 (身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。)
200円

※道後温泉本館の入浴料と観覧料の一部は、国の重要文化財である道後温泉本館の保存修理に役立てられます。

オリジナル等商品

道後温泉本館オリジナルタオル(みかん石けん付) / 220円(税込)
道後温泉本館オリジナルバスタオル / 1,000円(税込)
道後温泉本館オリジナルみかん石けん / 190円(税込)
道後温泉本館オリジナルタオルはんかち / 350円(税込)
木はがき / 1枚 500円・2枚 900円(税込)
道後温泉本館オリジナル浴衣 / S,M,L 3,900円・3L,LW 4,900円(税込)
道後温泉本館うちわ(大) / 400円(税込)
道後温泉本館うちわ(小) / 200円(税込)
テレホンカード / 各1,000円(税込)

外湯紹介