道後温泉本館工事に伴い
ご利用できない施設

道後温泉 トップページ > 外湯紹介 > 道後温泉本館工事に伴い
ご利用できない施設

霊の湯 三階個室

(たま)の湯 三階個室

3階の部屋は、かつて「上等」と呼ばれ、小説「坊っちゃん」の一節にも「俺はいつでも上等へ入った」と出てきます。お風呂上りに個室でゆっくりとくつろげます。

霊の湯 二階席

大正時代に建てられた棟にある休憩室は、白鷺(しらさぎ)をモチーフにしたランプが吊り下げられ、歴史ある建物の中にモダンな雰囲気を感じることができます。

霊の湯 二階席
神の湯 二階席

神の湯 二階席

雑誌などでもよく取り上げられる大広間は開放感があり、6月から9月の間は障子を外してすだれが掛けられ、さらに開放的な気分を味わうことができます。最大80人程度が利用できるため、団体の方もご利用いただきやすい休憩室です。

又新殿

又新殿ゆうしんでん

明治32年(1899)に建てられた又新殿は、日本で唯一の皇室専用浴室です。桃山時代の様式を模して造られた建物は、絢爛・豪華、そして優美さを誇る造りとなっています。木材、石材とも上質な材料を使用し、金箔や襖絵に目を奪われますが、障子の組子に変化を持たせたり、天井の張り方を市松模様にするなど、細かく丁寧な仕事は職人の自負を感じることができます。

坊っちゃんの間

道後温泉本館改築後の明治28年(1895)に松山に赴任した夏目漱石がその年の10月、正岡子規(まさおかしき)と利用したといわれる個室(本館三階個室の北西の角部屋)で、昭和41年(1966)に、夏目漱石の娘婿である文人・松岡譲(まつおか ゆずる)氏により「坊っちゃんの間」と命名されました。文豪・夏目漱石が通った頃の面影を今でも味わうことができます。

坊っちゃんの間

霊の湯

神の湯に比べこぢんまりとしていますが、花崗岩(かこうがん)の中でも最高級といわれる庵治石(あじいし)や大島石を使った浴室に、壁面には大理石を使用するなど、高級感があふれる浴室になっています。

霊の湯

外湯紹介

道後温泉本館 6:00~営業中

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 6:00~営業中

道後温泉 椿の湯 6:30〜営業中