建設物語

2017年04月08日 | 建設物語

物語16『2017年4月8日』~山部赤人が詠んだ世界「伊予の高峰」完成~ 

◇男子大浴場に設置される砥部焼による陶板壁画が姿を現しました。山部赤人の歌をテーマに、いさにわの岡から眺める伊予の高嶺・霊峰石鎚山をモチーフに描かれています。
設置される壁画は3面で、最大のものは162枚の陶板を使って、約2.7m×5.4mの大きな1つの絵を再現しています。制作は、砥部焼きよし窯の山田ひろみさんで、国の伝統工芸士(加飾部門)に認定されています。

◇砥部焼で表現された和歌の世界観の中で、ゆっくりと湯船に浸かる時を心待ちにしてください。

 
 

霊峰石鎚山をモチーフにした陶板壁画
 
 

伊予の高峰をイメージ

外湯紹介