建設物語

2017年08月25日 | 建設物語

建設物語35『2017年8月25日』〜陶板設置〜

道後温泉別館飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)の男女浴室へ、砥部焼による巨大な陶板の壁画の設置作業が行われました。
今回の設置作業には、陶板の制作を手掛けた、きよし窯の山田ひろみさんに来ていただきました。

30cm四方の陶板を貼っていくと、男子大浴場に現れたのは、山部赤人の歌にある「いさにわの岡」から眺める「伊予の高嶺・霊峰石鎚山」
162枚の陶板を使って、幅5.4m×高さ2.7mで1つの絵を表現する全国的に類のない巨大なものです。

「貼る作業は、初めてです。」と仰いながら山田さんも実際に一枚、ぐっと押し込んで「これで、もう貼れているんですね!」と陶板を貼る職人さんの作業に感心されながら、どんどん設置されていく陶板を嬉しそうに眺めていました。
男女両方の浴室に各3面、計6面の壁画が間もなく完成します。

 

 

外湯紹介