新着情報

2018年10月09日 | 新着情報 / 道後REBORNプロジェクト

道後温泉本館保存修理工事を活かした観光資源化事業をPRする「キービジュアル」と「シンボルマーク」を発表しました。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS

※画像の一部又は全部を無断で転載又は複製することを固くお断りします。

道後温泉本館保存修理工事の魅力を広く伝え、新たな観光客の誘致と来街者の満足度の向上を図るため、日本有数のエンターテインメント企業のポニーキャニオンや、大手旅行代理店の日本旅行とタッグを組み、日本のアニメーションの創始者の手塚治虫さんが生涯をかけて執筆した「火の鳥」を本館の「再生の象徴」として捉え、「火の鳥」とコラボレーションした事業を展開します。

キービジュアルは、本館の象徴でもある唐破風の「玄関棟」と「火の鳥」を融合させ、歴史的人物のシルエットを交え、アニメーションで描かれるストーリーを象徴し、道後温泉オリジナルで制作し、本事業をわかりやすく表現しています。
また、シンボルマークは、本館のもう一つの象徴である振鷺閣と、火の鳥を融合しています。火の鳥が、振鷺閣で道後温泉のシンボルともいえる「湯玉」を守って、永遠の繁栄を祈っていることを表現しています。

キービジュアルとシンボルマークを活用し、「道後REBORNプロジェクト」と題して、PRを図ってまいりますので、ご期待ください。

外湯紹介

道後温泉本館 6:00~営業中

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 6:00~営業中

道後温泉 椿の湯 6:30〜営業中