保存修理レポート

2022年04月 | 保存修理レポート

保存修理レポート85 神の湯本館 瓦解体

神の湯本館の瓦の解体工事が始まりました。保存修理工事では使える部材は可能な限り再利用します。そのため、瓦も丁寧に一枚一枚取り外し打音検査を行ったあと、再利用できる瓦の選別を行っていきます。
また、瓦の下地は土居葺という木を薄く切ったものを使用しており、現代の防水シートと同じ役割を持っています。通称はトントン葺と呼ばれ、板を釘でトントンと打ちつける音が由来と言われています。今では土居葺ができる職人は少なく、明治時代の職人の技を見ることができるのは大変貴重です。

外湯紹介

道後温泉本館 6:00~営業中

道後温泉 空の散歩道(足湯)営業中

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 6:00~営業中

道後温泉 椿の湯 6:30〜営業中