保存修理レポート

2022年06月 | 保存修理レポート

保存修理レポート86 神の湯本館 鬼瓦解体

神の湯本館の瓦の解体工事が進み、東・西の鬼瓦も職人の手によって丁寧に取り外されました。
鬼瓦は、明治27年神の湯建設当時に設置され、設置から約120年、保存修理により初めて取り外されました。
鬼瓦には「菊間 細工岩忠」と刻印があり、愛媛の伝統工芸品でもある「菊間瓦」を使用していました。今後この鬼瓦は詳細に調査し補修した後、元の場所に戻る予定です。

外湯紹介

道後温泉本館 6:00~営業中

道後温泉 空の散歩道(足湯)営業中

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 6:00~営業中

道後温泉 椿の湯 6:30〜営業中